ホームステイボランティア

(随時受け付けています。興味のある方はお問い合わせください。)

仙台を訪れる外国の方のホームステイを、ボランティアとして受け入れていただくホストファミリーです。
ゲストは「お客さま」ではなく、「家族の一員」として、日本の家庭生活を体験していただきます。
国際姉妹友好都市等からの訪問団受入時や、他団体主催事業でホームステイの依頼があった場合に、期間、日程等の情報をお知らせし、受入可能なご家庭にお願いしています。

現在の登録数

約30家庭

登録の条件

  1. 原則として仙台市内にお住まいで、家族全員の理解と協力を得られること。語学力は問いません。
  2. ホームスティをする方(ビジター)のために、専用の部屋を用意できること。
  3. 受入期間中に、指定場所までの送迎ができること。
    (公共交通機関の利用でも構いません。自家用車を利用の方は、同乗者への自動車保険に加入していること。)

登録料

無料

謝礼

仙台国際センター主催事業の場合

原則として、ゲスト1人あたり1泊2,000円を受け入れにかかる必要経費の補助としてお支払いします。

他団体主催事業の場合

主催団体の定める規定によります。(できるだけ2,000円を基準とします)

保険

SenTIA主催事業の場合

ホストファミリー(同居する小学生以上の家族を含む)には活動中の事故に備えてボランティア行事保険(取扱:宮城県社会福祉協議会)に加入していただきます。
加入手続きおよび保険料の負担はSenTIAが行います。

他団体主催事業の場合

主催団体の定める規定によります。

最近の活動例

  • 東北大学サマープログラム参加者の受入
  • ブルネイ大学生の受入
  • フランス・レンヌ市市民団の受入
  • アメリカ・ダラス市高校生の受入