国際交流・国際協力団体検索サイト 公益財団法人仙台観光国際協会

(公財) 仙台観光国際協会(国際化事業部)(SenTIA)

更新日:2019/11/11

代表者理事長 村山 光彦
連絡先〒980 - 0811
仙台市青葉区一番町3丁目3-20 東日本不動産仙台一番町ビル6F
TEL : 022-268-6260  FAX : 022-268-6252  E-mail : kokusaika@sentia-sendai.jp
ホームページhttp://int.sentia-sendai.jp/j/
設立年月日2015年4月
会費個人1,000円以上(学生500円以上)、市民団体2,000円以上、法人5,000円以上/年
会報等の発行物機関誌『SenTIA』  発行頻度:年4回
会員会員数:個人13名,団体26団体 ,法人3団体   会員の新規募集:有  
入会の条件:国際化事業部の事業を支援していただける方、団体、法人
設立目的仙台市及び宮城県の有する文化的・社会的・経済的特性等を生かし、国内外からの観光客やコンベンション(国際・国内各種会議、大会、展示会等をいう)の誘致、物産品の販路拡大等に関する事業を行うとともに、国際交流活動等の推進を図り、交流人口の拡大及び地域掲示あの活性化と多文化共生社会の形成による活力ある都市づくりに寄与することを目的とする。
団体紹介(公財)仙台国際交流協会は2015年4月に(公財)仙台観光コンベンション協会と統合し、(公財)仙台観光国際協会となりました。これまで(公財)仙台国際交流協会が行ってきた国際交流事業や多文化共生に関わる事業は、新財団の国際化事業部が引き続き取り組んでいます。仙台国際センター交流コーナーは2019年6月に「仙台多文化共生センター」と名称を変更しました。国際化の拠点施設として、仙台市の委託を受け、引き続き運営を行っています。

【主な事業】
・外国人市民支援(日本語学習支援、生活支援、情報の多言語化、子ども支援)
・地域づくり支援(国際理解推進、市民活動支援、多文化共生講座)
・災害時の外国人支援(災害多言語支援センター運営、災害時言語ボランティア育成)
・仙台多文化共生センター運営
一言PRSenTIA国際化事業部は、外国人市民支援事業の充実を目指しています。
2017年4月から、「外国につながる子どもサポートせんだい 相談デスク」を開設しました。外国につながる子ども、その保護者、学校、先生たちの相談にのり、サポートをします。ぜひご利用ください。
仙台多文化共生センターでは、これまでの通訳サポート電話の他に、韓国語・ベトナム語・ネパール語の外国語相談員を週1回ずつ配置し、相談を受けています。また、仙台出入国在留管理局、仙台弁護士会、宮城県行政書士会、宮城労働局の協力で、月1回ずつの専門相談会を開催しています。
活動対象地域 特定しない
主な活動内容【国際交流】 ホームステイ 異文化交流・日本文化紹介 姉妹都市交流 在住外国人との交流
【国際理解教育/開発教育】 講師派遣 教材開発・貸出し こどもの支援・教育 コミュニティ通訳の派遣
【在住外国人支援】 日本語教室/日本語学習支援 生活相談・外国語による相談 外国語による情報発信 留学生支援
一般市民が参加出来る事業 セミナー
ボランティア募集 日本語、国際理解、ホームスティ、災害時言語